« 御殿場手前の渋滞 | トップページ | 袖ヶ浦フォレストレースウェイ »

2008年8月16日 (土)

TOYO DRB

3月にHankookタイヤのブログを書いたがまた別のタイヤに換えた。TOYO DRBだ。ジャンル的にはハイグリップ系ではなく軽快感を狙った感じでTOYOのコメントはこうだ「スマート構造でありながら、高剛性を実現!ドライでもウェットでも高い性能を発揮する、スタイリッシュなルックスとトータル性能を兼ね備えたストリート系スポーティータイヤ。」

Tydrb_tiredrb_2
見た目のトレッドパターンは剛性の有る感じではなく静粛性を狙った感じでスポ-ティ-タイヤと言う感じでもない。早速Hankookタイヤを外しつけてみる。100メートル走って乗り心地が凄く良くなっているのが感じ取れる。と言うことは剛性感が無いのか?と疑いたくなる。ならばワインディグを走ろうと言うことで箱根まで走りに行くことにする。

途中の高速道路では静粛性もよく直進性もいい。最も感じるのは路面のつなぎ目でのショックの少なさと音が軽やかになった点だ。これなら長距離移動も疲れが少ないのではないかと思う。ステアリングレスポンスもリニアな感じで感性に合っている。さて問題のワインディングでのハンドリングはどうだろうか?

Sany1178

実はHankookタイヤの時も同じ場所に走りに来た。このときはその前に付いていたBSポテンザRE030に比べると舵角が大きくレスポンスも悪くスポーティではなかった。もともとそう言うジャンルのタイヤでもなかったのでそれはそれで良かったのだが。
しかし今回は違った。どんどん切れ込んでいく感じが新鮮だ。それと感激的なのはコーナリング中の追い切りで更にグリップが増えることでスリップアングルの大きいところまでカバーしていることだ。これは実用上かなり意味のあることだ。また面白いことを一つ発見した、コーナー進入時にかなりの前荷重にすることによってリアが動いてくれて曲がりやすくなる点だがこれらの動きがスムースに起こるので技量に自信の無いドライバーでも自然に曲がってくれる。これはTOYOタイヤが狙ったことかは知らないが結果的扱いやすくなっている。

Sany1162
フィーリング的にはポテンザやネオバなどよりクイック感は少ないが実用的にはもっと大切なノイズや乗り心地に優れているほうが良いのではないだろうか。ブランド的にはポテンザやネオバを選んでしまう人が多いが一般道で本当に必要な性能を求める人にはお薦めしたい一つだ。

Sany0724
余談になるが別の車でサーキットテストもしてみた。比べたのはポテンザ01Rとネオバだがほとんど同じタイムが出たのには驚いた。そしてワイディングで出た性格がそのまま出ていた。そのような走りをした場合はブロックが小さいので磨耗的には不利だと思うが少しならサーキットも楽しめると思った。

|

« 御殿場手前の渋滞 | トップページ | 袖ヶ浦フォレストレースウェイ »

コメント

メーカー純正RE-030からのタイヤ交換にあたりDRBを検討して
おり、皆さんの評価を見て回っているうち、偶然お邪魔しました。
DRBの素性がとても分かりやすく紹介されており、たいへん参考になりました。
お陰さまでDRBに決断することができました。
参考になる情報をありがとうございました。

投稿: こじゃら | 2010年11月23日 (火) 01時37分

こじゃらさんのお役に立てて幸いです。
これをレポートしたのは2年前。
TOYOのタイヤは色々テストしてますが同じような性格です。
その間にも良いタイヤが出ていますがスポーティで軽快という意味ではグッドチョイスかもしれません。
去年ためしにBMW318で耐久レースに出ました。
3時間走ってあまり磨耗してませんでした。
良い買い物になることを願ってます。

投稿: SOD | 2010年11月23日 (火) 17時57分

初めまして最近、愛車に装着したのですが、
概ね同じような印象を受けました。

一番共通している点は直進安定性で次に静粛性でしょうか。この間、台風の横風でズバッと流される所、あまり流されなかった点でしょうか。しかも結構スピード出ていても怖くなかったのには驚きでした。

このブログのインプレでの発見は
やっぱり特性理解している方だとポテンザやネオバと肉薄するタイムが出るんですね。さらに驚きです!

投稿: ザ・パワドリ50 | 2011年6月27日 (月) 12時42分

ザ・パワドリ50 さん 初めまして
こんなに古いレポートに目をとうしていただきありがとうございます。
DRBは意外な発見のあるタイヤでコストパフォーマンスに優れていると思います。僕は現在AUDIにプロクセスC1Sという静粛性の高いタイヤを履いていますが乗り心地も素晴らしいです。でもDRBのような軽快感はありません。またS2000にはネオバをつけていますが次はDRBにするつもりです。

投稿: sod | 2011年6月28日 (火) 19時44分

はじめまして。
大変興味深く読ませて頂きました。
>前荷重にすることによってリアが動いてくれて曲がりやすくなる点

自車はドイツ車のRRの車(?!)なのですが、現在はT1Rを装着しています。本来ならT1スポーツに交換と言う流れになると思いますが、一般道で何が必要か。。。と考えた場合、9割が街中、後はツーリングで山に行きますが、どこら辺でタイヤの性能に依存しているか。。。何を犠牲にしているのか。指定タイヤのような最善ではないかも知れませんが、必要にして充分、とは何かな、と。

T1Rは何一つ不満がないタイヤでしたが、今回この記事を読ませてもらい、敢えてDRBの検討余地も有り?!かなと考えてます。 
いい結果ならば、コストパフォーマンスは計り知れませんよねw

投稿: 忠相 | 2012年2月27日 (月) 07時55分

はじめまして忠相さん。僕がこのブログを書いたのはまさしくご指摘のとおりです。絶対グリップは少ないけど軽快感があります。あと動きがわかりやすい。RR車と言えばポルシェが一般的ですがこの想像であっていますか?サーキットのレポートは前に書いたとおりで思ったよりいいです。なので絶対オススメ。安いし乗り心地がすごくいい。一般乗りで必要ななのはこれです。

投稿: SOD | 2012年2月29日 (水) 11時34分

どうもですw ご指摘の通りポルシェ946 C2です。
その後、しばらくいろいろ走ってみました。街中は素晴らしく、通常!?の高速でも破綻はしませんね。で、山間部ですが、ツーリングペース+αでは全く問題が見当たりません。
確かに、オーバーステア、アンダーステアなど課題がある車両ですが、ハイグリップタイヤに依存した走行より、確実に面白い(勉強になる)タイヤでした。性格は素直なタイヤと云う印象です。過信は禁物ですが、ステアの要求に関しては、要求される分を補えばいい話しであって。。。とにかく分かりやすい。964を含む930等の車両に合っていると思います。ポルシェの何たるかを再認識出来るとのいます。
特に、こう云う「実」のあるタイヤを中堅層に、どんどん試して欲しいですね。

投稿: 忠相 | 2012年3月18日 (日) 02時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149684/42179006

この記事へのトラックバック一覧です: TOYO DRB:

« 御殿場手前の渋滞 | トップページ | 袖ヶ浦フォレストレースウェイ »